お急ぎの方

Newsお知らせ

宇都宮市民葬祭 > お知らせ > 現在の各国お葬式事情について

現在の各国お葬式事情について

現在、全国的にお葬式御葬儀事情が大きく変化しています。
今後、さらなる高齢化社会になる中、各家族化が進み親族様も以前より疎遠になる傾向となっています。そのため、施主様一人でお葬式を執り行わなくてはならない方も急速に増えてきています。

さらに、施主様自身も体調が悪く入院されているケースも増えてきています。どうしたら良いのか?不安になり御相談を賜る事も増えてきています。
私ども宇都宮市民葬祭では、御家族様に代わりまして執り行い執り行った様子を記録致しまして御手伝いさせて頂いています。

こちらのケースでは、多くがシンプル火葬式総額103,140円にて御手伝いさせて頂いています。健康保険に加入されていれば葬祭補助が50,000円市より頂けます。差し引きシンプル火葬式実質総額53,140円となっています。また、社会保険に加入の場合は補助が100,000円となりますので、差し引きシンプル火葬式実質3,140円となります。

全国的に同じような事が年々増えてきていますが、高齢化社会は日本だけでは無くなってきています。お隣の韓国でも、日本と同じように少子高齢化が進み年々簡素化が進んでいます。
韓国では、風習も違い病院の地下に葬儀場が設置されている場合が多いです。日本では考えられませんが合理的な御国柄のように思います。
また、中国になりますと日本以上に超高齢化が進み貧富の格差が激しくお葬式形態も二極化となっています。さらに、移民国家の米国では人口が増え続ける現在、従来のエンバーミングを行ってから土葬にての御葬式から簡素に火葬式を行うケースが急速に増えています。

以前、世界各国の御葬式平均費用の推移について調べてみました。
欧米では15~30万円、日本・韓国では200~300万円。世界的に見ても高額負担になっているのが日本です。

日本の風習でもありますが、大切な事は故人様を思う心、変わらない生活リズム、故人様への感謝を込めて供養を行って行くことだと思います。

日本では、神主・神官様への玉串料は20~30万円と全国どちらでも変わりませんが檀家様だった場合、御住職様への御布施が高額で困っていますと相談に来られる方が非常に多いです。

先日も御話させて頂いた檀家制度の始まりより本来、貢献された方へ授けるのが御戒名になります。いかに貢献されたか?が重要でしたが、いつしかどのくらい寄付をしたか?になりどのくらい御布施を出せるか?に変わって来たようです。
簡単に申しますとお気持ちで良いですよから、どのくらいのお気持ちですか?と具合に変わって来たようです。各寺院様の維持管理には大変費用も掛かると思います。ですが、寺院を維持していく檀家の負担が減ることも大切だと思います。檀家様が負担無く過ごす事が出来て初めて寄付・御布施が出来ると思います。まず、御家族様の御負担が無く無理のない御布施をされることが今後の供養へと繋がると思います。また、御布施の仕組みを御話致します。一般的に御布施の半分は本山へ半分は寺院へとなっています。御相談されますと本山の分を御負担無く出来たり寺院への負担を軽減出来たりすことも出来ます。
迷った時など、どんな悩み御相談事にもアドバイスさせて頂きますので御利用下さい。

最新のお知らせ

お知らせ一覧