お急ぎの方

Newsお知らせ

宇都宮市民葬祭 > お知らせ > 戒名について

戒名について

宇都宮市民葬祭では、お葬式・ご葬儀の御住職様を御希望あれば御紹介させて頂いています。

また、御戒名について大きく分けて3段階ございます。○○院○○○○居士こちらは男性になります。よく言われます院居士になります。女性になりますと院大姉になります。昔で言う大名や貢献された方に授ける場合が多いです。
現代では、御戒名に合わせて費用が負担になるケースが多く院居士・院大姉で80~100万円と言われるケースも多く聞かれます。
私ども宇都宮市民葬祭では、こちら院居士・院大姉の御戒名を授かり通夜・葬儀・告別式の供養も頂き15~30万円の戒名・御布施で良い御住職様を御紹介致しております。

次に院を外した居士・大姉になります。一般的にこちらの御戒名を授かるだけで60~80万円と言われるケースが多いようです。
居士・大姉の御戒名を授かり通夜・葬儀・告別式の供養も頂いて私共、宇都宮市民葬祭では10~15万円の御負担で良い御住職様を御紹介致しております。次に信士・信女になります。
こちらの御戒名では一般的に30~60万円と言われるケースが多いようです。こちらの場合でも宇都宮市民葬祭では8~10万円で良いですよとおっしゃって頂ける御住職様を御紹介致しております。

良く聞かれますご質問に連れ合いが院居士なので院大姉でないといけないのでしょうか?という御話を良く頂きます。
日本では、古くから男性は病気に掛かりやすく亡くなる方も多かった事から男性を大切にする風習がございました。そのような事から男性を上とする傾向が今に続いているようです。この風習を一般的とすると御連れ合い様が院居士であった場合、奥様は院大姉もしくわ大姉となります。同様に居士であれば大姉もしくは信女となります。同等か一つ下げるというのが一般的になります。

また、檀家なのですが御布施が高額で困っています。どうしたら良いでしょうか?このような御相談が現在非常に多いです。まず檀家制度は江戸幕府にて決められたものだそうです。キリスト教が日本に伝わり危機を感じた幕府がこちらからこちらは○○寺、こちらからこちらは●●神社という具合に決められたものが現在にも伝わっているようです。人が考え人が決めた檀家制度ですので苦しいようでしたら御相談されたり離壇されるのも選択肢です。大切な御家族を亡くされ負担も増えるようでは生活も苦しくなり最も大切な供養も出来なくなってしまいます。残された御家族様は負担が無く変わらない生活リズムを保つ事で大切な供養も苦無く行って行くことが出来ると思います。

不安なこと悩み事等がございましたら何なりと御相談ください。宇都宮市民葬祭では、専門相談員がおりますので御利用下さい。

最新のお知らせ

お知らせ一覧