お急ぎの方

Newsお知らせ

宇都宮市民葬祭 > お知らせ > 葬儀後について

葬儀後について

通夜式・葬儀式・告別式の後に火葬が行われます。

火葬後、一般的に当日の納骨をされるか49日忌に納骨をされる方が多いです。
墓地を既に建立されている御家族様ですと当日又は49日忌の納骨も執り行うことが出来ますが墓地を建立されていない方も多く御相談に来られるケースが増えています。

火葬後の納骨等について大きく分けて3つの方向性がございます。

一つ目は、墓地を建立し建立に合わせて納骨をされる方法になります。区画をお求めになり墓地を建立する一般的な方法になります。建立される場合、49日忌に間に合わないため100日忌以降の法要等に納骨をされる事が一般的になります。また、墓地は今後の一軒家になりますので慌てず良く御相談されて後悔の無いようにされると良いです。

2つ目は、墓地を建立する場合を一軒家とした場合、マンションにあたる共同墓地になります。永代供養墓地や納骨堂等がこちらにあたります。費用はマチマチで最初に15万円の御布施で良いですよとおっしゃる共同墓地から数百万円の御布施に年間維持費が負担になる場合もありますので御相談頂ければ御予算に合わせて御紹介させて頂きます。

3つ目になるのが、樹木葬・散骨になります。近年、こちらを希望される御家族様が非常に増えています。樹木葬ですが御骨を埋葬した後に苗をうえるのが一般的です。苗を植え維持するため維持費が負担になりますので長い目で検討されると良いです。

次に散骨です。
一般的に海洋散骨が多いのですが、栃木県は海が無い事から共同墓地に散骨が出来る所も増えています。こちらですとパウダーにされて散骨の費用が3万円~ございます。散骨は一度行ってしまうと後戻りが出来なくなりますので良く御相談されるようにしてください。

宇都宮市民葬祭では、全国に支店がございますので多種多様の御希望に対応致しております。ご不安等がございましたら御相談頂ければアドバイスさせて頂きます。

最新のお知らせ

お知らせ一覧