お急ぎの方

Newsお知らせ

悠久の丘家族葬【宇都宮市民葬祭】 > 葬儀 > 【葬儀】不織布?布?マスクの生地の気になるマナー【FAQ】

【葬儀】不織布?布?マスクの生地の気になるマナー【FAQ】

コロナ禍のお葬儀ではマスクの着用はどのようにしているのか、急なお葬式の参列で迷われた方は少なくないかもしれません。前回の葬儀マナーでは、「マスクの色」についてお話しましたが、今回は「マスクの生地」についてです。“不織布はどうにも苦手…”、”布マスクで葬儀に参列してもいいの?”などのお悩みに対して、実際のコロナ禍の葬儀ではマスクの生地に関してどのような配慮がされているのかお答えしていきます。

目次

―不織布?布?決まりはあるの?

―実際の葬儀の場では、どっちが多い?

―まとめ

不織布?布?決まりはあるの?

結論から申し上げると、葬儀の際のマスクの生地について明確な決まりはない式場がほとんどです。コロナ禍の葬儀では、1人1人がマスクを着用することがマナーといえるので、周りの方にも配慮したマスクの着用がされていれば特に問題はないでしょう。

また、不織布マスクの方が感染対策の効果が高いと言われていますが、布マスクでも一定の効果は証明されているようですので、人それぞれの体質や体調に合わせて、自分にとってベストなマスクを選ばれるとよいかと思います。

マスクの生地だけでなく、コロナ禍のマナーとして、他の方との距離を十分にとってお話をされたり飲み物を飲むときや食事をするとき以外はしっかりとマスクを着用されたりするなどの配慮は必須です。

中にはお葬儀の式場や斎場の決まり、遺族・ご家族の方の希望などでマスクの決まりを設けている場合があります。その場合はそれらに沿ったマスクの着用をしましょう。

実際の葬儀の場では、どっちが多い?

実際の葬儀の場では、大体8~9割の方が不織布マスクを着用して参列されているようです。

葬儀の場は、ご家族の方や他の参列者の方々と故人様との思い出話などをされる場でもあります。自身の体調管理をしっかりされたうえで、できるだけの感染対策をしながら参列されるとよいでしょう。

まとめ

前回の「マスクの色」に続き、今回は「マスクの生地」についてお話ししましたが、自身の体質や体調によってベストなマスクを選び、しっかりとした感染症対策への配慮をされたうえで、故人様を温かくお見送りしましょう。

【関連記事】

-【葬儀】コロナ禍のマスクの色は決まりがあるの?【FAQ】

【こんにちは、宇都宮市民葬祭です。】

私たち宇都宮市民葬祭は、2008年に創業し、宇都宮市を拠点に葬祭業を営んでいる専門のプロスタッフの葬儀社です。” 残されたご家族の負担を一番に考えたお葬式のプラン” をご提案し、ご希望に寄り添った葬儀を執り行うことを理念としております。また、全国市民葬祭協会の本部/本社として、市民葬祭をご利用されるご家族が安心して葬儀を行っていただけるように、全国100店舗以上のネットワークでお客様のお葬式をサポートしております。

お葬式に関してのお困りごとや事前相談など、いつでも宇都宮市民葬祭(0120-57-2727)にご相談ください。

会社情報

宇都宮市民葬祭 (市民葬祭ホールディングス株式会社)

代表取締役 髙田孝行

〒321-0162 栃木県宇都宮市大和1-8-6

info@u-sousai.net

0120-57-2727/028-678-2633 公式HP : https://u-sousai.net

最新のお知らせ

お知らせ一覧